養育費をもらいたいなら

母と子

 

離婚後、子どもの養育費はもらっていますか?!
養育費は、社会的・経済的に自立していない未成熟の子が自立するまでに要する費用で、生活に必要な経費、教育費、医療費などと定義づけられています。

 

養育費をもらいたい!」と声を上げるシングルマザーや母子家庭が増えています。親には養育費を払う義務がありますが、養育費の不払いを続ける元夫が多く、母子家庭の貧困を招いている一因となっています。

 

あなたが、養育費を本当にもらいたいと思っているのなら、少しだけこのサイトを覗いてください!
管理人は法律家ではありませんが、社会の裏側や不合理に泣いている市井の人を取材してきたフリーライターです。そのため、養育費をもらえなくて困窮する母子家庭やシングルマザーの相談にも乗り、養育費の不払い問題に取り組んでいる弁護士さんを彼女たちへ紹介してきました。

 

たとえば、10代で結婚と離婚を経験し、養育費をもらえずに一歳の男の子を抱えお水の世界で必死に生きている二十歳のシングルママ。
また、夫の不倫によって養育費支払いの公正証書を作成して離婚。ところが、わずか数ヵ月だけ受け取って生活に困窮しているパート勤務の母子家庭など…。
それぞれの環境で精いっぱい生きている姿を目の当たりにすると、本当に心が揺さぶられ、自分の力の無さに胸が震えてしまいます。

 

きのうまで両親の愛に恵まれ、何不自由なく暮らしていた子どもが、離婚によって進学をあきらめたり、満足にごはんを食べられなくなるなどの貧困に陥ることは少なくありません。
「養育費さえもらえたら、子どもにこんな思いをさせなくて済むのに…」。そんな切ない相談を受ける度に、父親としての自覚はないのか?!と怒りで身が震える思いです。

 

 

【養育費不払いに取り組む弁護士さんは少ない】
管理人は、ある弁護士さんへ「養育費の不払いや未払いに対応してくれますか?」と質問しました。
答えは「NO」でした。

 

「シングルマザーから依頼を受けた場合、職務上は代理人になって交渉を進めますが、感情的にこじれている元夫婦の間に挟まれ、精神的な負担が大きい。そして、債務整理や相続問題などに比べて報酬が低いこともあって、当事務所がそうであるように、養育費の不払いに積極的に取り組む法律事務所は少ないと思います」というお話しでした。

 

なるほど、養育費をもらいたいシングルマザーや母子家庭は経済的に困っていることがほとんどで、弁護士報酬にしても多くは望めないとあっては、敬遠する弁護士さんが多いの致し方ないことかもしれません。

 

でも、一方ではシングルマザーや母子家庭に寄り添い、養育費の支払いから逃げようとする元夫から養育費を回収するために真剣に取り組んでいる弁護士さんがいます。
もちろん、依頼人も弁護士さんもお互いに人間ですから、相性というものがあり、どんな人にもその弁護士さんをおすすめしますとは言えません。

 

それでも、この法律事務所は養育費相談には無料で対応してくれるし、報酬も成功報酬制度。手出し費用なしの実質0円で母子家庭の生活安定のために養育費回収に取り組んでくれます。

 

 

 

【管理人が信頼する弁護士さんとは!?】

弁護士

はっきり言います!
管理人が今いちばん信頼している弁護士さんは、養育費をもらえなくて経済的に困っているシングルマザーや母子家庭を親身になって支援してくれるイストワール法律事務所なんです。

 

子どものために今すぐ電話を!実質0円の養育費回収!イストワール法律事務所
0120-543-248

 

養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション

 

【イストワール法律事務所の概要】

■事務所名
弁護士法人イストワール法律事務所
■所在地
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町403
■代表者
弁護士 多田 浩章 第二東京弁護士会所属
■営業日
9:00〜21:00(年中無休)
メールは24時間受付
■アクセス
有楽町線 麹町駅(1番出口)徒歩4分
半蔵門線 半蔵門駅(1番出口) 徒歩6分
有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅(4番・5番・9B番出口)徒歩5分
銀座線・丸ノ内線 赤坂見附駅(永田町駅へ)徒歩8分
■相談料・着手金
無料

 

■養育費回収の弁護士費用
この法律事務所では養育費に関しては完全成功報酬制を採用しています。お母さんには実質負担0円となる独自の費用体系ですので安心して相談できます。もちろん、相談料も無料ですし、フリーダイヤルで相談できるのも魅力ですね。

 

★養育費無料相談フリーダイヤル★

子どものために今すぐ電話を!実質0円の養育費回収!イストワール法律事務所
0120-543-248

 

養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション

 

 

 

<イストワール法律事務所の養育費取回収サービスの流れ>

案内

@★養育費無料相談フリーダイヤル★

子どものために今すぐ電話を!実質0円の養育費回収!イストワール法律事務所
0120-543-248

また、公式サイトの無料相談フォームからも相談を受けつけています。

A無料相談フォーム使用の場合、イストワール法律事務所よりあなたの希望の日時に連絡が入ります。

B事情を話し、納得できれば受任契約を結んでください。

C契約成立後、イストワール法律事務所より相手側へ受任通知書を送付します。
※着手金0円

D養育費の支払義務のある相手側より連絡のない場合、弁護士が代理交渉へ。

E養育費の不払い、未払いを解決!
相手側と今後に渡っての養育費の支払いについて詳細を詰めます。

F成功報酬発生
養育費の振込み期間終了までイストワール法律事務所が責任を持って養育費を回収してくれます。
成功報酬は、毎月振り込まれる養育費の30%。つまり、母子家庭が手出しするお金は実質0円で済むシステムになっています。これなら安心して頼むことができますね!

 

イストワール法律事務所へすぐに無料相談をおすすめしたいケース

案内

 

もしあなたが、以下のような元夫からの養育費の不払いに悩んでいるのなら、イストワール法律事務所へ無料相談してみませんか!?

 

・離婚の際に約束をしていた養育費を払われない
・養育費を減額してほしいと言われた
・養育費の遅延が多く、催促する度に元夫ともめてしまう
・不払いの養育費を請求したいけど、元夫の逆ギレが怖い

 

 

【イストワール法律事務所を利用するメリット】
・相談料は無料!しかも全国対応!
ふつう弁護士さんへ法律相談をすると30分で最低でも5,000円、場合によっては10,000円請求されることもめずらしくありません。養育費に関しても例外ではなく、ほとんどの法律事務所では相談料を請求します。
でも、イストワール法律事務所なら相談料は無料。さらに、全国対応なのでどこからでも相談できるようにフリーダイヤルの電話を用意し、公式サイトではメールフォームを設けていますから、安心して何でも相談できます。

 

・元夫に会わなくて済むので安心です!
弁護士さんがあなたの代理人になって元夫と交渉してくれます。

 

・完全成功報酬制で持ち出し0円の弁護士費用
イストワール法律事務所の場合、不払い養育費回収の弁護士費用は、完全成功報酬制です。
しかも、元夫より支払われる養育費の中から30%を成功報酬として渡せばよいので、養育費回収にかかる費用負担は持ち出し0円の実質無料となるわけです。

 

・元夫の連絡先が不明でも依頼可能
「元夫がどこにいるのか分からないから…?!」と養育費をもらいたくてもあきらめる人がいます。でも、この弁護士さんなら大丈夫!合法的に居場所を突き止め、未払い分まで含めて養育費を回収してくれます。

 

・公正証書がない場合でも相談する価値あり!
「離婚時に養育費について公正証書を取っていなかったから…」という場合でも、本当に養育費をもらいたいのならぜひ相談してみてください。覚書や念書、メモ、証人などがあればきちんと対応してくれます。
相談料は無料なので、遠慮することなく相談してくださいね。

養育費をもらえていない母子家庭は全体の8割以上

お金

 

 

厚生労働省がまとめた2011年度の「全国母子家庭等調査結果報告」によると、離婚を原因とする母子家庭のうち、父親から養育費を受け取っているのは全体の19.7%に過ぎません。つまり、8割以上は養育費をもらえていないこと
になります。
同調査によると、母子家庭の推計数は123万世帯に上っており、そのうち約8割が離婚を原因とする母子家庭。また、平均世帯年収は291万円に留まり、45.8%が「家計」に困っていると回答しています。子どものために養育費をもらいたいのなら、いますぐにでも行動を起こしましょう。

養育費をもらいたいなら、父子の面会を許すのも手段

父と娘

 

元夫が養育費を払いたくない理由のひとつに「子どもと会わせてもらえないから」というものがあります。実際に
こんなケースがありました。
月に一度は娘に会わせてもらえるという条件で、毎月5万円の養育費の支払いを約束した父親のAさん。でも、母親
は娘が父親に会うことを好ましく思っていませんでした。

 

そのため、なにかと理由を付けては「今月は無理だから」を繰り返しているうちに、「娘に会わせてくれないなら、
もう養育費は払えない。後は勝手にしていいよ」というLINEが来ました。

 

あわてて返信しましたが、以来、養育費の振り込みはありませんでした。イストワール法律事務所へ相談したところ、
月に一度の面会を条件に以降の養育費の支払いを約束させることができました。

 

母親にとってわが子がかけがえのない存在であるように、父親にとっても子どもは大切な存在です。その子どもと会
えない毎日が続けば、「子どもに会わせてもらえないのに、どうして養育費だけ払わなければならないんだ?!」と思
うようになっても不思議ではありません。

 

養育費をもらう条件として父と子の面会を約束したのなら、会わせてあげることで父親はわが子の成長を見守ること
ができるし、養育費が子どもを支えるお金になっていることを実感できるものだと思います。

 

「養育費をもらえない…」と言う前に、離婚時の約束はどうだったのかをあらためて確認してみましょう。

 

@★養育費無料相談フリーダイヤル★

子どものために今すぐ電話を!実質0円の養育費回収!イストワール法律事務所
0120-543-248